【四段活用】をマスター!~百人一首で文法カクニン!~

百人一首で古典文法マスター!
この記事はこんな人に向けて書かれています

 


・大学受験の古文の文法を学びたい人
・四段活用の動詞について知りたい人

ことのは
ことのは

こんにちは!
国語予備校講師のことのは(@kokugohaku)です!

古文は絶対できるようになります!
必要な知識をきちんと学べば読めるようになります。

古文の必要知識を、百人一首を使って学んでいこう!というコーナーです。

 

問題
20:わびぬれば いまはたおなじ 難波なる みをつくしても あはむとぞ思ふ 

 

傍線「あは」を文法的に説明してください。
【①  】行 
【② 四段 】活用 動詞 
【③ あふ (終止形)】の
【④ 未然 形】 
※【  】内を反転させると答えが見られます  

この4つの空欄はすっと埋められましたか?
古文の最初に学ぶ動詞の活用です。
さて、本日のポイントを確認してみましょう。

今日のポイント:四段活用

今日は四段活用について勉強します。

★四段活用の動詞は「a i u u e e」と活用する

今日の解説:四段活用

動詞の活用の種類は全部で9種類です。
そのうちの1つが今回紹介する「四段活用」です。

③の終止形について考える

動詞は「活用する」単語です。
(「活用する」がどういう意味かアヤシイ人は用語集へ。「①活用」を参照)

「活用する」単語は下に来る単語によって、単語そのものの形が変わります。

活用する単語を文法的に説明するときは、まず③の終止形から考えるとわかりやすいです。

終止形は「言い切りの形」とか「終止形」とか名称は様々ですが、要するに「辞書に載っている形」です。

たとえば「歩かない」の意味が分からない時には「歩か」じゃなくて「歩く」で調べますよね。

動詞は基本的に終止形は「ウ段」で終わります。
走るぅー、話すぅー、遊ぶぅー、終止形を伸ばすと「ウ」の音になりますね。

ということは今回問題になっている「あは」の終止形はなんでしょうか。

そう、【③ あふ 】です。
(え、「あう」じゃないの?と思った人はもうちょっと読んでみて!)

②の活用の種類を考える

次に、「あふ」の単語がどう活用するのかを考えてみましょう。

どんな風に活用するかを考えて表にしてみると…。
(活用形について不安な人は用語集へ)

未然:あ(ない)
連用:あ(て)
終止:あ(。)
連体:あ(とき)
已然:あ(ども)
命令:あ(。)

変化している部分(活用語尾といいます)が、

は・ひ・ふ・ふ・へ・へ

と変化していますね。

これは「はひふへほ」の5段あるうちの4段出て来るので【② 四段活用 】といいます。

①について何行なのかを考える

四段活用の基本形は未然形から順に

「a i u u e e」です。

今回の「あふ」は

「ha hi hu hu he he」の変化なので、【① ハ行 】だと判断できます。

動詞の活用語尾は、同じ「行」で変化します。
③の終止形を「あう」だと思ってしまうと、不都合が出てきてしまいます。
「は」はハ行にしか出てこないし、「う」はア行がワ行にしかでてこないですね。
問題で「あは」と「は・ハ行」の音が出てきているので「は行」だと推測しましょう。

④活用形を考える

ここまで来れば解けたも同然。

四段活用の中で「あ」とア段の音が出てきているのは「未然形」ですね。

答え

よって答えは…

【① ハ 】行
【② 四段 】活用 動詞 
【③ あふ (終止形)】の
【④ 未然 形】

四段活用の動詞をどうやって見分けるかは、他の活用の種類が出てきた時に紹介します。

今回は、四段活用の動詞の変化のしかたを覚えておきましょう!
ポイントを再掲します。

★四段活用の動詞は「a i u u e e」と活用する

今日の復習問題

では、本日の内容を復習していきましょう。

問題

問題
20:わびぬれば いまはたおなじ 難波なる みをつくしても あはむとぞ思ふ 

傍線「思ふ」を文法的に説明してください。
【①   】行 
【②     】活用 動詞 
【③    (終止形)】の
【④   形】

答え

【① ハ 】行 【② 四段 】活用 動詞 【③ 思ふ (終止形)】の【④ 連体 形】


動詞はウ段で終わるのが基本なので、辞書に載っている基本形は「思ふ」


活用形に当てはめてみると、

未然:思(ない)
連用:思(て)
終止:思(。)
連体:思(とき)
已然:思(ども)
命令:思(。)

「は ひ ふ ふ へ へ」となるので「四段活用」


活用表にでてくる「はひふへ」はハ行。


活用形は少し悩みますね。
「思ふ」の形になるのは「終止形」と「連体形」の2つあります。

文末に着ているので終止形と思った人。今はそれでいいです。
形から「終止」or「連体」まで絞れていれば今回の目標は達成。

ここでは直前に「ぞ」があるので係り結びの法則により、連体形に変化しています。
後日「係り結び」について紹介しますので、学んでから「連体形だ!」と断定できるようになればOKですよ!

四段活用についてマスターできましたか?
次回もお楽しみに!

今日の一首

わびぬれば いまはたおなじ 難波なる みをつくしても あはむとぞ思ふ 元良親王

(口語訳)
辛い思いに悩んでいますから、今となってはもう(身を捨てたのと)同じことです。
それなら、難波潟にある「みをつくし」の言葉のように、身を捨てても、あなたにお会いしようと思います。

澪標(みおつくし):舟の水路を示す杭

「身を尽くす」と言葉の音が似ているので、掛詞として使われます。
(掛詞については後日紹介)

コメント

タイトルとURLをコピーしました