文学史対策問題集No.005~「作り物語」について~

文学史対策問題 文学史対策問題集
この記事はこんな人に向けて書かれています

 


・大学受験の文学史対策をしたい人
・「作り物語」について知りたい人

ことのは
ことのは

こんにちは!
国語予備校講師のことのは(@kokugohaku)です!

過去3年分の問題を分析した国語予備校講師が、
効率よく文学史問題を対策するための問題を厳選して出題しています。

さて、本日の問題を確認してみましょう。

 

問題
次のうち、最古の「作り物語」はどれか?

 

1.竹取物語
2.宇津保物語
3.落窪物語
4.浜松中納言物語

今回は「最古」と「作り物語」がキーワードですね。
さて、答えは決まりましたか?

答え

1.竹取物語

★『源氏物語』以前に成立した「作り物語」は『竹取物語』『宇津保物語』『落窪物語』
(★『源氏物語』は約西暦1000年に成立)
★『竹取物語』は日本最古の作り物語
★『竹取物語』はかぐや姫が主人公の話
今回の問題で選択肢になっている4つの作品は全て「作り物語」に分類されます。
その中でも『竹取物語』の成立が一番古いです。

解説~作り物語とは?~

「作り物語」とは、ずばりそのまま「作られた物語」です。
現代では「小説」の感覚に近いでしょうか。

それまでは、当時存在が信じられていた神を題材にした神話や、心情表現する和歌が「文学」でした。

そしてだいたい平安初期(900年くらい)に架空の人物を題材にした「作りばなし」が出てきます。

『源氏物語』以前に成立した作品3つ

文学史の問題ではなぜか
『源氏物語』よりも前or後に成立した作品はどれか?
を聞く問題が頻出です。

その中で「作り物語」のジャンルに分類されるのが今日紹介する3作品です。

★『源氏物語』以前に成立した「作り物語」は『竹取物語』『宇津保物語』『落窪物語』

ちなみに「『源氏物語』以前に成立した作品」という条件で覚えた方がよい作品は全部で9作品。
前回紹介した歌物語3つも『源氏物語』以前に成立した作品ですので、まとめて覚えておきましょう。

「9つなんて多いなあ!」と思ったかもしれませんが、そのうちの6つはもう今日で覚えたことになります。
頻出なのでぜひ押さえておきましょう!
残りの3つも順にこの後紹介していきます。

また「作り物語」は『源氏物語』以降でもたくさん作品がありますので、
今日紹介する『竹取物語』『宇津保物語』『落窪物語』は
①『源氏物語』以前
②作り物語
2つの条件をセットで覚えておいてください。

最古の作り物語は『竹取物語』

今回は「最古の作り物語」は何かという問題。

選択肢には上で書いた『源氏物語』以前の作品は3つとも入っているので、
上の「『源氏物語』以前に成立した作品3つ」で書いた知識だけだと絞り切れませんね。

ここでもう一つの知識。

★『竹取物語』は日本最古の作り物語


『竹取物語』は知っていますか?

ずばり「かぐや姫」の基の話です。

竹から生まれたかぐや姫が、
・5人の貴公子の求婚を断り
・帝からの求婚も断り
・月に帰っていく
という話です。

『竹取物語』は現存最古の「作り物語」であり、「物語出で来始めの祖(おや)」と言われます。

作り物語の初期段階ではまだ『竹取物語』SFのようなぶっとびストーリーです。

だって…竹から子どもが生まれて月へ帰っていく話ですもんね。
現実にはありえん。

『竹取物語』のあとに成立した『大和物語』や『落窪物語』になると、
現実に即した架空の話・つまり現代の小説に近くなっていきます。

まとめ

今回の問題で覚えておくべきことはこちら。(再掲)

★『源氏物語』以前に成立した「作り物語」は『竹取物語』『宇津保物語』『落窪物語』
★『竹取物語』は日本最古の作り物語
★『竹取物語』はかぐや姫が主人公の話

今日紹介した3つの作品は、いろんな角度から問題になることが多いので、
ここで覚えちゃいましょう!

本日はここまで。
おつかれさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました