【作り物語】代表作3つを紹介~国語予備校講師の文学史解説~

基礎知識編
当記事では大学受験の文学史対策をしたい人に向けて
・「作り物語」の代表作
・「作り物語」とは何か
・文学史対策のために覚えるポイント
を解説します!
ことのは
ことのは

こんにちは!
国語予備校講師のことのは(@kokugohaku)です!

過去問分析の結果から、効率よく文学史問題を対策するための「よく出るポイント」を解説します。

今回は「作り物語」というジャンルについて。

当記事の内容の出題実績(一例)

・2018年度・2020年度 京都産業大学
・2016年度 三重大学

スポンサーリンク

作り物語の代表作3つ 竹取物語・うつほ物語・落窪物語

文学史問題で頻出の作り物語は次の3つです。

  • 竹取物語
  • うつほ物語(宇津保物語)
  • 落窪物語
ことのは
ことのは

作品の詳細をまとめるよ!

作品名作者時代ジャンルあらすじ1point
竹取物語?『源氏物語』以前の平安時代作り物語かぐや姫のはなし最古の物語
うつほ物語?『源氏物語』以前の平安時代作り物語(全20巻の長編小説)
落窪物語?『源氏物語』以前の平安時代作り物語継子いじめ同類型に
・住吉物語
・鉢かづき

作り物語を題材にした問題として出題されるのは2ポイント+α

  1. 「作り物語」と言われたらまずは「竹取・うつほ・落窪」の3作品を思い出す
  2. 成立年代:「竹取・うつほ・落窪」の3作品は『源氏物語』以前の平安時代に成立した作品である

上記2点を覚えておけば問題も解きやすくなります。

「作り物語」とは現代の小説っぽいもの

「作り物語」ってなに?

ことのは
ことのは

ずばり「作られた物語」のこと。
現代の感覚で言うと小説に近いものだよ。

それまでは、当時存在が信じられていた神を題材にした神話や、心情表現する和歌が「文学」だと考えられていました。

西暦900年くらい(平安時代初期)くらいから、架空の人物が出てくる「物語(=フィクション)」作品が書かれるようになりました。

作り物語の代表作のあらすじを確認!

「作り物語」でよく出題されるのは、先ほど紹介した2ポイント。

加えて、各作品がどんな特徴・あらすじを持っているのか確認してみましょう。

竹取物語

『竹取物語』について知っておくべきポイントは次の2つ。

①日本最古の物語
②かぐや姫の物語

『竹取物語』は「日本最古の物語」と言われます。
『源氏物語』では「物語出で来始めの祖(おや)」と書かれています。

もう一つはあらすじ。
かぐや姫の話は知っていますか?

竹からかぐや姫が生まれて月へ帰っていく話ですね。

『竹取物語』ではもう少しストーリーがあります。

竹から生まれたかぐや姫がすくすく美しく成長する

5人の貴公子の求婚を無理難題を押し付けて事実上断る

帝からの求婚も断る

月に帰っていく

読解問題でも『竹取物語』は出題されますので、大まかなあらすじを知っておくことは有利になりますね。

落窪物語

『落窪物語』について知っておくべきポイントは次の2つ。

・「継子いじめ」(=シンデレラストーリ)である
・同じく「継子いじめ」の型を持つ作品は『住吉物語』と『鉢かづき』

「継子いじめ」とは、再婚した義父または義母が継子(=再婚相手の子供)をいじめることです。

ことのは
ことのは

似たような話を知りませんか?

そう「シンデレラ」です!

シンデレラも、継母(と姉)にいじめられて、舞踏会に行けないというところから話が始まります。

『落窪物語』のストーリーも型は似ています。

落窪の君という美人で身分もあるお姫さまが、父の再婚相手にいじめられる

落窪の君が美人といううわさを聞きつけた「少将」という男の人と出会う

なんやかんや困難がありつつも少将と落窪の君は結ばれる

継母に復讐を果たす

困難がありつつも、最終的には少将(=シンデレラでいう王子様)と結ばれ、継母を悔しがらせるところまで、ストーリーの型はそっくりですね。

同じように、継子いじめのストーリーを持つものとして『住吉物語』と『鉢かづき』という作品があります。
特に『住吉物語』との関連はよく出題されますので、まとめて覚えておきましょう。

作り物語のポイントまとめ

この記事のポイントをまとめます!

★「作り物語」と言われたらまずは「竹取・うつほ・落窪」の3作品を思い出す
★「竹取・うつほ・落窪」の3作品は『源氏物語』以前の平安時代に成立した作品である
★『竹取物語』は日本最古の物語
★『竹取物語』かぐや姫の基になった物語
★『落窪物語』は「継子いじめ」(=シンデレラストーリ)である
★『落窪物語』同じく「継子いじめ」の型を持つ作品は『住吉物語』と『鉢かづき』

『うつほ物語』のあらすじについて問われる問題は見たことがありません。
(全20巻の長編小説なので、ひとことであらすじを説明するのがとても難しいのです…)

ことのは
ことのは

『源氏物語』以前に成立した作り物語ついての問題は、当記事の内容を理解しておけば9割の問題は解けるはず!

では、次に理解度をはかる練習問題に挑戦してみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました