文学史対策問題:No.001~万葉集について解説~

文学史対策問題 文学史対策問題集
この記事はこんな人に向けて書かれています

 

・大学受験の文学史対策をしたい人
・『万葉集』について知りたい人

ことのは
ことのは

こんにちは!
国語予備校講師のことのは(@kokugohaku)です!

文学史問題は、

「対策をやらないわけにはいかないけれど膨大すぎて時間を取られてしまう」

悩みの大きいジャンルです。

過去問を3年分調べ
「よく出る」傾向がある問題を厳選してまとめています。

では早速本日の問題を解いてみましょう。

問題:『万葉集』の撰者はだれか?

1.額田王
2.柿本人麻呂
3.大伴家持
4.紀貫之

今回は単純な一問一答です。
知っているか知らないか。それだけのシビアな問題です。
さて、答えは決まりましたか?
 
 
 
 
 
 

答え

3.大伴家持

★『万葉集』が成立したのは奈良時代で現存最古の和歌集
★『万葉集』の撰者は大伴家持
★『万葉集』の歌風は「ますらをぶり」と表現される
選択肢を吟味しておくと、
1.額田王
2.柿本人麻呂
この2人は『万葉集』を代表する歌人です。
『万葉集』に和歌は収められているけれど、撰者ではありません。
 
4.紀貫之は、
のちの平安時代に成立する『古今和歌集』の撰者です。
大伴家持・紀貫之が同じ選択肢に並ぶことはよくありますので、
ぜひ覚えておいてください。

解説~『万葉集』ってなに?~

まずは『万葉集』についてよく聞かれる基本データをまとめます。

【成立】奈良時代
【撰者】大伴家持
【歌風】ますらをぶり(素朴で力強い)

では、それぞれの特徴について確認していきましょう。

【成立】奈良時代

『万葉集』は奈良時代に成立したと言われており、日本で現存する最古の和歌集です。
「最古の」という部分はよく問題になりますので、
『万葉集』のキーワードとして押さえておきましょう。

【撰者】大伴家持

『万葉集』以降にも和歌集はたくさん編纂されます。
他の和歌集の撰者とごっちゃにならないように、

『万葉集』=撰者:大伴家持

この図式をしっかり頭にいれておきましょう。

【歌風】ますらをぶり(素朴で力強い)

奈良時代は、まだ和歌という文化が発達段階だったこともあり、

平安時代のように和歌の技術はそこまで発展していませんでした。

技巧を凝らさない、
素直・素朴・わかりやすい和歌が多いです。

この特徴をとらえて、
のちの江戸時代の学者が「ますらをぶり(男らしい)」歌風だと表現しました。

「○○らしい」という表現が時代錯誤なのは承知の上です。
あくまで江戸時代の一般的なイメージととらえてください

まとめ

今回の問題で覚えておくべきことはこちら(再掲)

★『万葉集』が成立したのは奈良時代で現存最古の和歌集
★『万葉集』の撰者は大伴家持
★『万葉集』の歌風は「ますらをぶり」と表現される

『万葉集』自体は成立した後、
もう一度読み直されるのが約1000年後江戸時代になってしまいます。

21世紀を生きるわれわれからすると江戸時代も「歴史」ですが、
江戸時代の人にとっても、『万葉集』は古典でした。
1000年前の言語を解読するのはかなり骨の折れる作業で、
現代でもまだ読み方が分かっていない部分もたくさん残っています。

文学史というテーマからは少し脱線しますが、
『万葉集』には謎が多すぎ!という話は
QUIZ BANGというサイトの雑学記事のネタにしておりますので、興味があれば読んでみてください。

本日はここまで。
おつかれさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました